読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジモティーでプロトタイプ作成ツール「Adobe XD」を導入した話

はじめまして。ジモティーでデザイナーをしております藤井です。 今回は、ジモティーで導入しているプロトタイプ作成ツール「Adobe XD」について説明したいと思います。

背景

  • 簡単に素早くプロトタイプを作成したい。
  • 完成品に近いイメージ共有をして手戻りをなくしたい。

以上のきっかけが元で導入してみることにしました。

機能

  • イラレ、Sketchのような「デザインモード」と、prottのような「プロトタイピングモード」で別れており、両方を行き来しながらこのツール一つでプロトタイプを作成することが可能です。動作に関してはアートボードが増えても非常軽いのが魅力です。

  • 「リピートグリッド」という要素をまとめて繰り返し表示させる機能があり、自由に横縦方向に数を増やすことが可能で、ジモティーのようなリストやグリッドUIが多いアプリの場合は時間短縮ができ、とても便利でした。 f:id:jmty_tech:20170112130837p:plain

導入効果

  • デザインとプロトタイプを行き来しながら作成でき、動作も軽いので作業効率が上がりました。

  • 作成したプロトタイプは同Wi-Fiネットワーク内ですぐに反映されるので、実機確認が簡単になり作業効率が上がりました。

  • 実際に動きを見せながらエンジニアとコミュニケーションを取ったり、動画で保存し繰り返し確認できるので、イメージ共有の精度が上がりました。

今後の展望

今後も「Adobe XD」を使用して効率よく質の高いプロトタイプ作成を進めると共に、 手戻りの少ないワークフローを構築していきたいと思います。